BMWのエコカーについてもっとよく知ろう

サイトマップ

トップバナー

MINI E

メガシティビーグルの開発

BMWグループは、電気自動車のMINI Eを利用した日本で、実証実験を行い、東京で2010年11月30日から開始する事を発表致しました。BMWは2013年以降にエコカーの小型電気自動車、メガシティービーグルの市場投入を予定しているのです。メガシティビーグルの開発に活かせるようにされました。

東京電力と早稲田大学

活かせるように、ニューヨークやロンドン等欧米でMINI Eの実証実験がなされ、その一環として東京で実証実験が行われたのです。実証実験は、BMWのパートナーとなる企業や団体が6台となり、一般的なユーザーが14台のすべてで20代を使っています。

この実験に参画したパートナーは、東京電力と早稲田大学となっています。そして、メガシティビーグルは、BMWグループで初の電気自動車の量産車となっています。電気自動車の量産者で世界で初のカーボン製のパッセンジャーセルが採用された事によって、軽量化を目指す予定が立てられています。

BMWActive

新車

BMWグループは、メガシティビーグルを作る為に、ドイツで初めての電気自動車の大量生産の拠点としてドイツのライプツィヒ工場の拡張工事を進行しています。そして、2013年までに新工場と設備が完成する予定となっています。予定とはいっても実現される日はとても高いと思います。

電気自動車以外にも日本導入がもう始まっている ポイント

2013年までに新工場の設備が完成する予定となっています。ライプツィヒ工場ではBWM1シリーズクーペをベ ースにしたBMWActiveを2011年に生産し、そのノウハウを活用し、メガシティビーグルの市場投資を行う考えます。電気自動車以外にも 、日本導入がもう始まっている事となります。日本も一時遅れましたが、今や最先端を走る国なのです。

エコカーの種類の基礎的知識