エコカーのアイドリングストップ車の現状を理解しておきましょう

サイトマップ

トップバナー

エコカーとアイドリングストップ車

第3のエコカー

エコカーと聞くと、現在ではトヨタのプリウス等のハイブリット車や、電気自動車等をイメージする方が多くいると思いますが、第3のエコ カーとして、アイドリングストップ車が名乗りを上げているのです。日本において、マツダが率先し、採用し 、追随し、他のメーカーも採用を試みています。このアイドリングストップ車は最近ではかなりメジャーになっており、今販売されている 車の多くに始めからついているといっても過言ではないくらいです。

エコブームが追い風

ガソリン車は、低燃費で価格も低価格という事で、急速で普及する事が考えられます。ドイツ等の欧州は環境意識が高く、既にアイドリングストップ車がエコカーの代表だといわれています。欧州では、フォルクスワーゲンが1992年に先立ち、アイドリング車を市場投入を始めたころは、そこまで販売が伸びませんでした。

エコブームが追い風になり、2007年にはBMWが1シリーズに導入されたのです。また、2008年にはアイドリングストッ プの機能が搭載された、小型車のSmartForTwomudをメルセデスベンツが発売を開始いたしました。アイドリングストップ車は、2018 年12月には日本市場の投入も開始されました。

アウディ

車モチーフ

アウディから、2009年にスタートとストップシステムとしてアイドリングストップ車が発表されました。2009年9月から11月に行われた調査した結果で見てみると、乗用車の販売が世界的に落ち込む中でアイドリングストップの車の販売台数がかなり急激に増加しています。

アイドリングストップ車 ポイント

世界の販売台数を見ると、2009年は約90万4000台と見込んでいるそうです。 また、中でも欧州市場がその半数を占めていて、大体88万1000台が既に走っているのです。これからの 欧州では、二酸化炭素の排出規制や、二酸化炭素の排出量が基準の自動車税制へと移動される事によ って、アイドリングストップ車が増えます。このように地球温暖化を阻止することができる、システムは とても画期的なものだと言えます。需要もあるので、一気に伸びる分野とも言えるでしょう。

エコカーの種類の基礎的知識