公害に向き合うエコカーは進歩しています

サイトマップ

トップバナー

エコカーと自動車社会の現状

めまぐるしい速さで自動車の台数が増加

世界の自動車台数は、20世紀前後にも増え続け、21世紀になった今では、7億代を超える勢いとなっているのです。我が国でも、戦後の高度経済が成長した事を背景とし、自動車の生産が国内で進んでいき、道路網の設備が進んでいったことから、めまぐるしい速さで自動車の台数が増加しました。

自動車全般の約70%を占めている

乗用車の台数はとても多く増え、自動車全般の約70%を占めているといわれています。自動車とは、我々の生活や、会社、経済の活動には必要不可欠な物となっています。ですが、自動車社会が発展したことは、我々の周りの環境において深刻な影響を与えた事が事実となっています。

大都市では、自動車交通が集中し、排出ガスによって大気汚染が発生してしまい、とても大きな問題としては、地球環境問題の地球温暖化の加速が目立つようになりました。新幹線道路の周辺では、大きな音や振動の公害等が目立っています。こういった被害が増えるのはいただけないですね。

大きな問題

メーター

自動車交通による環境問題を解決し、国や地方自治体は、自動車の排出ガスを規制する事を始めに、対策をいくつかしました。そして、その効果を打ち消すように自動車交通量が多くなり、自動車と人が一緒に生活していくべきかどうかまでもが、問題として考えられているのです。

環境への影響が少ない車 ポイント

こういった状況の中で、かなり多く注目されているのが、環境への影響が少ない車のエ コカーです。低公害車の普及の動きが多くみられます。今、日本の中で世界の自動車メーカーがとても多くの 種類のエコカーを作り出し、作る技術も大きく進歩していっています。エコブームもますます広がる現代で、企業も エコに生き残りがかかっているといっても過言ではないのです。そのための努力が最後には消費者に還元されるのです。 そう考えると競争をしてもらうことで消費者である私たちはとても助かりますよね。こういった企業活動であれば 競争はよいことといえます。

エコカーの種類の基礎的知識