少ない充電でもかなりの走行が可能な車について学んでおきましょう

サイトマップ

トップバナー

日本初のオール電化型中継車

小型オール電化型放送中断車

NHKは、日本で初めての小型オール電化型放送中断車を、三菱自動車、富士電機シ ステムズ、京成自動車と共同開発をしました。この中断車は、三菱自動車のi-MiEVをベースとして考え た、定員2名のエコカーで走行用の通常バッテリーを加え、放送制作用のバッテリーとして考えられます。 一般には知られていないことですが、NHKが電化型の放送車を使用した初めての会社なのです。

エンジン音の被害を軽減する

リチウムイオン電池のバッテリーが採用されたことで、連続の約2時間の放送中継をする事が可能になり、充電1回で約160㎞をも走行する事が可能なかなり優れたエコカーとなっています。バッテリー電池で放送政策をする事が出来るので、排出ガスをゼロに抑える事が出来、エンジン音も少ないのです。

早朝や深夜での中継の際には、エンジン音の被害を軽減する事が出来ます。とても期待の高い車ですよね。また、新しく開発された監視装置によって、モニターから放送制作専用のバッテリー電源の消費情報をチェックする事も可能ですよね。とても有効な使い方です。

エコカー

コンセントに差し込む

放送作成用のバッテリーを使い切ってしまったエコカーでも、走行用のバッテリーから電源を供給する際には、停電する事なく切り替える事が可能になっているので、中継放送を安心して放送する事が可能となっているのです。TV業界にとっては、とてもうれしい発明になりました。

充電は1本のケーブル ポイント

充電は、1本のケーブルで放送制作と走行のバッテリーを行います。走行用のバッテリ ーは、急速充電で大体30分で80%までチャージする事が出来るのです。TV放送専用の地上無線中断伝送装置 や、小型衛星伝送装置等も搭載する事が可能になっている事からその範囲が高い評価を得ました。バッテリーのチャージの問題はまだ 多少ありますが、これももうすぐ解決されると言えます。時間も昔に比べてかなり早くなり、効率が高くなっ ているのです。普及が進めば価格もそれだけ落ちますので、さらに便利になりますよね。そうなると今ある性能的に ハイブリットなどに劣っている点にも資金を投資できるので、よりよいエコカー発展へとつながります。 一切ガソリンを使わないエコカーも少しづつ伸びてきているので、近い将来エコカーだらけになるでしょう。

エコカーの種類の基礎的知識