ホンダのエコカーについて知っておきましょう

サイトマップ

トップバナー

フィット

定安値の159万円から発売

ホンダは、低燃費のスモールカーフィットの1部のモデルチェンジを行い、ハイブリットモデルのフィットハイブリットの追加に成功し、2010年10月8日に商品として販売しました。ハイブリットモデルは、日本国内のハイブリッド車の中では、定安値の159万円から発売し、3つのタイプの作成がされました。

世界の全10拠点で生産

独自のハイブリットシステムによって、30㎞/L消費性能を実現する事にしました。そして、荷室下にハイブリッド専用のバッテリーを収納する事によって、乗車人数や荷物で様々な対応をする事が出来るシートアレンジや、室内空間が広いフィット独自の性能を十分に活かす事の出来る設計のエコカーとなっています。

日本国内の販売目標は、フィットシリーズとして月で1万4000台も売り出しているのです。フィットの販売が始まったのは、我が国では2001年6月頃です。今では、世界の全10拠点で生産されていて、累計350万代以上を世界の約115ヵ国以上で販売がされています。

インサイト

後方からコード

ホンダは新型ハイブリット車のインサイトも、一部を改良して商品化されました。LSタイプを消費30.0km/Lに向上させて、更にサスペンションを見る事で、とても乗り心地の性能となり、操作の安定性、インテリアの質感などを表した商品となりました。

インサイト ポイント

インサイトの日本国内の販売目標は、月間4000台となっています。インサイトは、今1 番安い物でGタイプで189万円となっています。通常の車より少し安いと感じませんか。この値段で提示される と少し購入を考える人が多いのではないでしょうか。自分の車のエンジン音や、操作性で不安があるのであ れば考えてもよいでしょう。エンジン音があまりになさすぎる、というのもちょっと怖い感じがしますが、 その点もある意味問題だったりします。この点はエコカーが出たころから言われていますが、まだ対策が でていないのが実情です。

エコカーの種類の基礎的知識