日産のエコカーのハイブリット車について学びましょう

サイトマップ

トップバナー

エコカーのフーガのハイブリッド

ハイブリットモデルのフーガハイブリット

日産自動車は、高級車として知られているフーガに、ハイブリットモデルのフーガハイブリットを追加し、12月2日から商品化され販売されています。フーガハイブリットとは、5人乗りのセダンで、総排気量は3.5Lだといわれています。消費は、19.0km/Lとコンパクトカーと同様の低燃費となっています。

スタンダードタイプとVIPパッケージ

リチウムイオン電池が搭載されている事で、充電速度が上がり、放電によって、精密で高速なモーター制御によってクラッチ操作をする事が出来るようになっています。スタンダードタイプとVIPパッケージがラインナップされている状態です。平成22年燃費基準の25%達成車となり、エコカー減税により、自動車重量税と自動車取得税が100%減らす事が出来ます。

エコカー減税とは、消費基準と排気性能を一定以上満たした車を対象にした、減税、免税措置で2009年4月から開始されました。フーガ250GT、TyoePのケースでは、優遇総額127700円となっています。とても大きな売り上げが出ていますよね。誰もが知っている車だと思います。

方式

充電風景

フーガのハイブリットは、1モーター2クラッチ方式という日産独自のハイブリッドシステムを採用している物となっています。これによって1つのモーターで発電と駆動を行い、2つあるクラッチの1つで完全モーターとエンジンを切り離す事によりエンジンが止まっているときに、効率の良い静かなモーターの走行を実現させる事に成功しました。

地球の為に大きな役割を果たしている ポイント

そして燃費を挙げる為に、システムの高効率化や、軽量化に成功しました。そしてこ れからの地球の為に大きな役割を果たしたといわれます。車を愛する人から見てもとても良い車だと思います 。値段もそこまで高くなく、リーズナブルな値段で提供する事が出来るのです。エコカーは開発費、またそこまで 浸透していないので、どうしても値段が高くなりがちで、最先端のものは一般人ではなかなか手がだせるものでは ないですよね。数年待って、流行り始めて値段が落ち始めてから、というのがパターンではないでしょうか。

エコカーの種類の基礎的知識