日野自動車と東京都市大学の開発でできたエコカーを知ろう

サイトマップ

トップバナー

エコカーの水素ハイブリッドトラック

水素燃料エンジンが搭載されたエコカー水素ハイブリッドトラック

東京都市大学は、日野自動車と協力する事をベースにし、日野自動車のハイブリッドディーゼルトラックを使う事によって、水素燃料エンジンが搭載されたエコカー水素ハイブリッドトラックを開発する事に成功しました。東京都市大学は、とても素晴らしい所ですね。

高回転時の出力を向上する事が可能

このトラックは、ハイブリッドシステムを利用する事によって、低速トルクを向上させ、天下システムを変える事によって、高回転時の出力を向上する事が可能になり、耐久性も確保する事が出来ました。動力性能は、ディーゼルエンジンを搭載したトラックと同等で、資源回収車や宅配便等様々な用途で使われています。

水素燃料エンジンは、排出物を水以外に出さないので、エンジンに化石燃料で使われる物の代用として、バスやトラック等の商用車で実用化する事が可能です。東京都市大学では、水素燃料エンジン搭載の自動車の研究を30年継続し、2009年4月には、水素燃料エンジンを搭載したバスを開発し、わが国で初めて公道を走ったのです。

課題

充電器

課題を活かす事によって、新しくモーターと水素エンジンを動力源としている水素ハイブリッドトラックの開発を始めました。この水素ハイブリッドトラックの元となっているのは、日野デュトロとなっています。今までの水素燃料エンジンを搭載したバスも場合、トルクの不足が悩みの種でした。

ハイブリットシステム ポイント

ですが、今回ハイブリットシステムを使ったことにより、モーターで低速域を支え 力のある加速を出す事が可能になりました。更に、新しい点火システムを使った事で、点火系の耐久性と 高回転時の出力をかなり向上させたエコカーとなりました。これまでであれば、高出力で動かそうとするとそれだけ パワーがいるので、エコカーはその部分が弱点だったのですが、それをカバーしたのです。もちろんそれだけコストが かかるので、それが車体価格にでていますが、それも量産化によりかなり落ちてきています。

エコカーの種類の基礎的知識