トヨタのエコカーであるハイブリット車について学んでみよう

サイトマップ

トップバナー

エコカーの天然ガスハイブリッド車

トヨタのハイブリット車SAIを改造

東京ガスは、天然ガスを燃料として走行するエコカー天然ガスハイブリット車の試作者を開発する事になりました。このエコカーは、トヨタのハイブリット車SAIを改造したことになり、二酸化炭素の一般的なガソリン車によって62%、ガソリンハイブリット車より24%も削減が可能になったのです。

家庭にも地球にもやさしい車

燃料の圧縮天然ガスは、ガソリンと比べるととてもリーズナブルな値段となっているので、燃料費はガソリンハイブリッドの車の薬1/2程度だと考えられ、一般的な車で考えると、1/4の削減が可能になっているのです。つまり、家庭にも地球にもやさしい車なのです。

天然ガスは、二酸化炭素の排出量が、化石燃料の中で燃焼時に1番少なく、かなり地球にやさしいエネルギーとして、かなりの注目を集めている事実があります。そして、東京ガスは、天然ガス自動車の開発に、1982年から注目し、1991年頃には専用の燃料に天然ガスを使用した天然ガス自動車の建設を取り入れました。

ガソリンスタンド

山を走る

天然ガスの供給をする事が可能な天然ガスのガソリンスタンドも建設され、現在ある天然ガス自動車の普及に対して、東京ガス管の中で約14000台m日本国内では、39000台まで上り詰めているのです。更に、世界の普及台数でみると1100万代以上という結果になっています。

レース用のエンジンや超軽量の小型飛行機用のエンジンも製造 ポイント

今回の試作車は使用の決定を東京ガスが行う事で、車両改造を共同開発のエッチケー エスがしました。そして、エッチケーエスは、本社を静岡県富士宮市に置き、自動車部品製造、販売を行って いる会社の事です。そして、レース用のエンジンや超軽量の小型飛行機用のエンジンも製造されています。 このように知らない部分でもエコカーの技術が使われているのです。そう考えるとすごいですよね。

エコカーの種類の基礎的知識