エコカーにも様々な種類があることをしておけば購入時に役立つ基礎的知識

サイトマップ

トップバナー

低公害車とエコカー

エコカーの種類がどのくらいあるかご存知でしょうか。ここでは、6つのエコカーの種類についてご紹介いたします。 まず、はじめにご紹介いたしますエコカーの種類は、低公害車につい てです。低公害車は、環境を意味するエコロジーと節約の意味のエコノミーの 性格を合わせて持っている事から、エコカーと呼ばれています。

エコカーは、エンジンを使用しない自動車の種類で、エンジンとモーターの両方を使用するハイブリ ッド車、環境性能を向上させたエンジン自動車の3種類に分ける事が可能となっています。 エンジンを使わない自動車は、電気自動車と燃費電池車に分かれます。

顔マッサージ
エコカーの種類

電気自動車は軽量で小型なリチウムイオン等の電池が搭載されている種類で、電池に蓄積 された電気を動力とし、モーターで走行する仕組みになっています。ハイブ リッド車は、家庭や街角にある充電設置で充電することができるプラグイン型の商品もあります。

路面
日本メーカーが世界の最先端

既にあるエンジンの能力を上げる種類として、軽油等を燃料にする低公害型のディーゼル車というエコ カーがあります。このエコカーの開発は日本メーカーが世界の最先端で、電機会社 と自動車会社が連携することで開発されています。

その2水素自動車

充電中

次にご紹介するエコカーの種類は水素自動車です。水素 を直接燃焼することができるエコカーです。燃焼させることで水と少量の窒素酸化物 を排出することできて、二酸化炭素の排出をしないエコカーです。

燃料電池車も水素を使って動かすエコカーですが、酸素と水素を科学反応から得られる電気エネルギ ーによって動かすという点が違います。現在は、BMVとマツダが参入し ガソリンと水素の両方が乗せられているバイフューエル型の水素自動車が市場にでました。

マツダ

マツダは電気モーターも搭載された水素ハイブリット自動車のプレマシーハイドロジェンREハイブリットのエコカーの種類の開発を進め、2009年からリースとして販売されています。水素燃料だけの航続距離は、BMVもマツダも200km程度でマツダは安全面から吸気室と燃焼室を分離するロータリーエンジンが採用されています

ポイント 水素自動車のメリットは二酸化炭素などの温室効果ガスがだされないです。さらに、既にあるエンジンも使うことができ、高い原料が使われてい ないので製造コストをリーズナブルな値段にすることができるのです。メリットはたくさんありますが、 なぜそのメリットが産まれるのかをしっかりと理解し、ポイントを押さえてエコカーを買いましょう。 また当然ながらデメリットもあるので、それらをよく比べる必要もあります。 新しいタイプのエコカーは特に充電などの面で不便な点があるなど、デメリットもいまだありますので、特に充電については よく知る必要があります。

https://www.hotel-bed.net/
https://www.sougi-sos.com/


その3エコカーのプラグインハイブリッド車

車

次にご紹介するエコカーは電気自動車です。走行中に 二酸化炭素を排出しないエコカーとして注目されているプラグインハイブリッド車と呼ばれる車です。充電1回 での走行可能距離が100km程度しかないので、長距離の走行には不向きというデメリットがあります。

近距離であればモーターのみでの走行が可能です。エンジンは長距離を走行する際や発電用として利用されます。充電は家庭用コンセントなどの外部電力で可能です。二酸化炭素の排出量や燃費の数値は、ハイブリッド車と電気自動車の中間程度になっています。

プラグインハイブリッド車

プラグインハイブリッド車には、シリーズ方式とシリーズパラレル方式の2種類に分けられます。シリーズ方式のエコカーは、モーターのみで走行が可能で、電気の容量が減量すると、エンジンを使用し長距離を走る場合にはエンジンのみで動くものとなっています。

ポイント プラグインハイブリッド車というエコカーは、電気自動車とハイブリッド車の両方の側面を持った エコカーで、近距離では電気自動車、長距離ではハイブリッド車としての使用が可能です。 充電インフラ整備の状況に影響を受けない種類でもあります。 この種類のエコカーはその状況に応じて適切なモードに切り替えてくれるのが大きなメリットになります。 自動で切り替わってくれるのは当然ですが、その時々の状況に合わせて一番最適なモードで運転可能にしてくれるのは 嬉しいですよね。初心者の方でも安心して何も考えることなく、最適なモードで運転できるのです。特に高齢者などは反応が遅れがちなので このようなシステムは安全につながって嬉しいですね。エコであるだけでなく、高齢化社会にも貢献する嬉しいタイプです。 完全にオートドライビングが可能になる日もそう遠くないといわれています。グーグルがその先端を走っていますが、実用に向けて 着々と完成し、後数年で実際の完全オートドライビングカーが実現すると言われています。10年前にずいぶん先のように感じた未来も 今では簡単に数年で達成してしまうのが面白いですよね。これから先はもっと未来の進歩の進化度合いが加速していくでしょう。 将来車にまったくガソリンを使用しなくなる日も遠くないかもしれませんね。

その4電気自動車

充電の様子

次にご紹介するエコカーは電気自動車です。エコカーである電気自動車は、電力原にモーターを使って で走行する自動車です。自動車に使われる二次電池を蓄電することで、電力を 利用している三菱自動車のi-MiEVの場合は、充電1回で航続距離は160kmと高くなっています。

電気自動車のメリットは、走行時に二酸化炭素や排気ガス等を排出せずに騒音 も少ない状態となっています。電気自動車のメリットは、走行時に 二酸化炭素や排気ガスなどを排出せず、騒音が少ないという点です。

メンテンナンスも簡単に行う事が出来る

基本的に電気自動車はエコカーの中で、仕組みが単純なので、部品の数が少なくできるので、 メンテンナンスも簡単です。案外知られていな いのが、電気自動車が部品が少なくてすむのは利点です。電気自動車を作る段階で すでにエコになっているのです。デメリットは、1回あたりの充電量が短く、航続距離が短い点です。 エコカーにはこのようなデメリットがあるので、普及が伸び悩んでいるというのも事実です。

ポイント また、搭載している電池に費用が掛かり、本体の価格も少し高めとなっています。充電のインフラの整備がされていない事も問題の1 つとなっています。エコカーの電気自動車は、ここで紹介しただけでも多くの課題を残した状態ですよね。ガソリンスタンドのようにあちこちで充電できれば よいのですが、それができない、というのが電気自動車の一番のネックなのです。今はかなり充電所も 増えてきていますが、まだまだなのも原因です。これは初期費用がかなりかかるのと、エコカー自体が まだそこまで普及していないのが原因です。ある程度普及してくればその分、コストを抑えることができるので、 一気に普及の可能性もあるのですが、それに追いついてないのです。最近かなり普及してきたとはいえ、どこにでも、 というわけでもないので、買う人も躊躇してしまっているのです。これからそのコスト面が大量生産などで 押さえられるようになれば、もっと手に入れやすくなるでしょう。国の車すべてエコカーになったら、大量の 資源をセーブできる言えます。最終的には地球からの燃料を完全に必要としない車が普通になるのも何年か前までは 考えられませんでしたが、今ではそれも実現可能になってきています。


宝石貴金属専門店「オージュ」-株式会社 湘南 i - 宝石貴金属専門店「オージュ」-株式会社 湘南 i


その5エコカーの燃料電池車

走行

次のエコカーは燃料電池車です。燃料電池車は燃料電池が乗せられ たエコカーで酸素と水素の化学反応を利用して電気エネルギーを生成してモーターを動かす仕組みになって います。

ガソリンで動く車よりエネルギー効率が高いのこのエコカーの特徴です。 二酸化炭素や窒素化酸化物、また硫黄酸化物などの温室効果ガスや大気汚染物質は排出されず、排出される物は水だけなので、究極のエコカーと称されることもあります。 出るものが水だけで、害になるものが全くない、というのは実車として可能なら本当にすごいことです。

メリット・デメリット

エコカーの一つの燃費電池車のメリットは、他の水素充電1回のみでガソリン車 と同様の走行距離を出すことができることです。ただ、デメリットで、水 素の製造技術があまり高くないことや、水素供給のインフラが整備が未発達で、製造コストも高いというポイントです。

ポイント この燃料電池車のエコカーの種類は、現在、ホンダやトヨタがリース販売しています。 ですが、トヨタは環境省にFCHV-Advwoをホンダ官公庁や一部民間企業に対してFCXクラリティと いうエコカーの種類を2009年から販売しています。かなり前だと思われるかもしれませが、そのくらい前から エコカーの進歩は始まりました。ほとんどテレビなどにも出ませんが、実は日々相当な発展を続けているのです。一昔前は充電施設 がなかったり、走行距離が短すぎたりなどの問題が大きくなりましたが、今は電気充電しながら車中泊する施設もかなり増えてきています 。オートキャンプ施設や温泉施設でも充電車中泊できる施設をよくみかけるようになってきています。



その6クリーンディーゼル車

タイヤ

次にご紹介するのは、クリーンディーゼル車というエコカーの種類についてです。クリーンディーゼル車は、環境に悪い、うるさいという印象を持っている方が多いのですが、実際は、エコカーの種類としてかなり高い注目を浴びています。

ディーゼル車は窒素酸化物や粒子状物質など大気汚染物質を多くですので元々日本ではあまり採用されていませんでした。ですがクリーンディーゼル車は二酸化炭素排出量が少なく、燃費がガソリンと比べると2~3割よいという実績があります。

とてもハードな基準があるポスト新長期規制 ポイント

新長期規制と同時に、2009年10月頃には、とてもハードな基準があるポスト新長期規制が実行されました。ポスト新長期規制とは、欧米の排出ガスレベルと同じ世界基準で、乗用車は、ガソリン車の規制値と同様となる程厳しい基準となっています。

大気汚染物質の排出量が少ないクリーンディーゼル車は、厳しい基準のポスト新長期規制に適したディーゼル車となっています。日本では、クリーンディーゼル車の販売台数が少ないという昔の思い込みもあり、あまり利用者が増えていません。 ですが、クリーンディーゼル車は優れたエコカーの種類であることは間違いありません。間違った意識が改善されれば、より多くの方が エコクリーンディーゼル車を利用していくことになるでしょうし、それが理想ですよね。 エコカーの購入を考えている方に、ここまでにご紹介いたしましたエコカーの種類の知識が少しでもご参考になれば幸いです。 最後までお読みいただきまして誠にありがとうございます。