三菱自動車のエコカーについてもっとよく知ろう

サイトマップ

トップバナー

エコカーのi-MiEV

次世代のエコカー電気自動車

三菱自動車は、次世代のエコカー電気自動車のi-MiEVの新しい商品の販売ルートとして、家電量販店での販売を開始しました。2010年11月9日に、三菱自動車は、電気自動車の普及に関係している基本協定をビックカメラとして発表しました。

低炭素社会を作り上げるという目標の狙い手

自動車メーカーの家電量販店が販売で、提携するというのは日本で始めての試みです。両社は、ビックカメラの主要店舗にi-MiEVの販売を開始しました。ビックカメラの店頭では商品の紹介をはじめとし、試乗会等のさまざまなイベント三菱自動車への顧客の紹介をしています。

11月9日からは、有楽町店でi-MiEVの展示がされています。両社とも、環境大臣から環境先進企業エコファースト企業として認定されている事から、今回の行動は、低炭素社会を作り上げるという目標の狙い手となっていると考える事の出来るエコカーが増える事に掛けられていると考える事が出来ます。

三菱自動車

エコカーでドライブ

三菱自動車は電気自動車の販売ついて、ヤマダ電機との提携も行っています。三菱自動車は、i-MiEVのボディーのカラーを増やしたり、車両接近通報装置等を取り付けたりするなど、i-MiEVの一部を改良することで、新たなエコカーを、11月4日から販売しています。

リーフを市場投入 ポイント

また、現在までのメンテナンスリースにプラスし、現金での販売も行われています。12月には、日産が電気自動車のリーフを市場投入する事で一般の方の購入も可能になります。また、三菱自動車は、リーフ販売を迎え撃つ為に、家電量販店と提携し販路の拡大を迫ります。

エコカーの種類の基礎的知識